<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

目上の方への敬意

『認知症28の満足』を読んで、私が「この先生は本物だ!」と確信し感銘を受けた1番のポイントは、実は認知症の治療に関することではないのです。(治療の効果については凄すぎてすぐに信じられず、眉唾ではないかと少し疑っていたのはここだけの話。)

 先生は趣味がプラモデル作りなこともあり戦争の歴史に詳しく、そのことで戦争を経験されている高齢患者さんとよい関係を築かれるのが得意なのだそうです。出身地や生まれからその方の出撃した地域や部隊の名前を当てたり、翌診察日までにそのことについて調べておいて話が合うようにするという徹底ぶり。認知症の方は最近の記憶は抜け落ちていても、昔の記憶はよく保持されている方が多いし、若くして活躍した記憶は誇らしいものとして残っていることが多い。子供や孫世代も、臭い物にはフタで戦争の歴史に触れないので、そのことに関心を持って聞いてもらうことで「またあの先生の所になら行く」という患者さんが多いのだとか。認知症患者さんは有名なお偉い先生だとかそんなことはどうでもいいですし、野生の勘のような鋭さで「相手がどういう中身の人間か」を判断します。本能的に「敵」か「味方」か、好きか嫌いかを判断するのだそうです。(『痴呆老人」は何を見ているか』より)ごまかしが利かないという意味ではコワいですね。

 先日他界された患者さんで、若い頃に満州に行かれていた男性がいました。90歳を超えているのに筋骨隆々で勇ましく、素敵な方でした。訪問診療をしていたのですが、お宅にお邪魔する度に、満州でのお話をしてくれました。自分一人中国語が出来て現地の中国人と対等にやりあえたお蔭で命拾いした話とか、電信柱に「この男を見つけたら銃殺せよ」と指名手配された話など、手に汗握る物語の数々。実は入れ歯が合っていなくて少し滑舌が悪く、熱心に話して下さる話の内容が半分くらいしか理解できなかったのですが(笑)そのお陰か繰り返し聞いても聞き飽きた感じがせず、今日はここの部分がちょっと理解できたとジグソーパズルを埋めるような達成感もあり。毎回あまりにも一生懸命語って下さるので、同席する奥さんと娘さんは笑いをかみ殺していましたが。

 ちょうどその頃、満州からの引き揚げについて書かれた本『流れる星は生きている』を読んだばかりでその壮絶な様が少しは想像できました。目の前にいる患者さんは、それを実際に経験された方なのだ、こういう人たちが必死に生き抜いて命をつないでくれたからこそ今日の私たち日本人がいるのだと思うと、自然と頭が下がります。一緒に引き上げられた奥さんは、「思い出したくもないくらい大変だった」とおっしゃっていましたが、夫である患者さんは良い所しか覚えていないようです。こんな貴重なお話を直に聞けるなんて、役得だな…と思っていました。

 この方は訪問しているうちに悪性腫瘍の疑いが非常に強くなり、何度か精密検査を勧めましたが、病院も入院も大っ嫌いだときっぱりと拒否。緩和ケア一本で最期まで自宅で過ごされました。ご自宅で亡くなる数日前も、少し調子がよくなったとそれまで寝ていた布団から隣りのちゃぶ台がある部屋に移動され、少し息切れしながらいつもの武勇伝を聞かせて下さいました。命の残り火が少ないことはよくわかっていたので、この話を聞けるのも今回で終わりかな…と切ない気持ちを押し殺し拝聴。亡くなったのは2週間後の訪問日当日で、あと1軒でその患者さんのお宅に訪問、というタイミングでした。
 
 もう貴重なお話を聞くことは出来ないのだと思うと、一つの時代が去っていったことを寂しく感じましたが、後日娘さんと外来でお話するチャンスがあり、
「私たちはもう何回も聞いているからと、話をきちんと聞くことが全くなかったので、先生に話を聞いてもらうのを楽しみにして、毎回ちゃぶ台の前に座って準備していました。」
と教えて頂いた時には、胸が温かくなりました。

 河野先生の行動の根っこにあるのは、相手に対する敬意なのだと思います。先生いわく「海外に行くのに英語を勉強するように、高齢者と接するのには戦争の歴史を学ぶのは礼儀。」なのだそうです。私は河野先生を認知症の師としていますが、知識やノウハウのみならずそう言った診療スタイル(生き方)も自分のものにしたいと思います。残念ながらプラモデル作りの趣味はないので戦争について河野先生ほど詳しくなれることはないと思いますが。
[PR]
by kasama-hospital | 2013-08-26 23:49 | 認知症・介護

認知症の勉強スタイル

誰のために役に立つのかよくわかりませんが、今やっている勉強のスタイルについて書いてみます。

 先日の記事で書いたようにコウノメソッドをスタートさせ、まずは院内で定期的に診ている認知症患者さんの診断や治療を振り返っています。一方で、ありがたいことに「病院のブログを読んで来ました。」と患者さんを連れてこられるご家族も現れて、これまで以上に急ピッチで実力をつけなければ…とお尻に火がついた状態です。患者さんとご家族の方々、発展途上ではありますが力を尽くしますので、お付き合いをどうぞよろしくお願いします。

インターネットが普及した今は、本当にいい時代だと思います。病気のことを知りたい!とご家族が思えば、インターネットで検索すれば世界中の情報を手に入れることができるのですから。家族のためにと必死に勉強した家族が、その病気に関心のない医者の知識レベルを上回ってしまう…そんなことがあちこちで起こりうる時代です。

 ネットを活用しているのは実は私も同じです。河野先生の『認知症ブログ』を読んで勉強しています。どこよりも新しく有益な情報が手に入ります。
 ただ、自分自身の経験では、ネットだけで最初から最後まで行けるかと言うと…いくつかの落とし穴があるとも思います。

まず、ネットの情報は玉石混交で、まっとうなものから、利益が目的のインチキくさいものまで幅があるので、情報を取捨選択する力は間違いなく必要です。そして、これは信頼が置けそうだというものが見つかっても、ブログなどの時間の流れと共に発信される情報では、初心者が一から習得するのには、なかなか頭が整理するのが難しい面があります。

個人的な認知症の勉強を振り返ってみます。

最初はiPadで認知症ブログを端から読んで知識を得ようとしましたが、正直医者のはしくれである自分でも全く歯が立ちませんでした。「ナイフの刃様委縮って…なんだっけ?」と用語の理解もおぼつかない初心者だったので、膨大な情報の海におぼれているようで、かえって混乱してしまいました。

やはりスタートは紙媒体で…と言うことで教科書を購入。一通り読んだところで、情報を整理し今後もすぐ取り出せるようにと認知症ノートを作成し、疾患ごとにまとめていき、それを読み返すことでようやく頭の中が少し整理されました。院内の勉強用にと資料を作ったことも、復習・定着効果があったと思います。

そして先日ようやく、満を持して認知症ブログに戻ってきました。基本的な知識が整理されたので、新しい情報もすんなり吸収することが出来ます。ようやくこの宝の山を生かすことが出来る、と嬉しくなりました。アナログ人間で線を引いたり付箋を貼ったりそれをノートにまとめたりという作業でより吸収力がアップする方なので、少し大変(いや、かなりかも)ですがブログをプリントアウトしてファイルし、紙ベースで勉強しています。何しろ週1回の更新で1回分が20ページなどと莫大な量なので、とりあえず2013年分だけ…。せっせと消化しているつもりですが、翌週になると新しい記事がまた更新されるので、なかなか進んでいないように見えます。

 勉強と言うと何やら堅いイメージがありますが、疾患ごとに担当している患者さんを思い浮かべて、確かにあの人はこんな症状があったのか、あれはこういうメカニズムだったのかとか、じゃああの方は次回こうしようああしようとメモしたりと、日々の業務とリンクしているのでとても楽しい作業なのです。

 ちなみに最近の私はもっぱら朝型で、子供と寝かしつけた後に自分も10時頃には寝てしまい、朝に早めに起きて勉強しています。独身だったり子供がいない頃に比べると時間的な制限ができて、今になるとあの頃は楽だったな…と思いますが、不思議なことに当時より今の方が沢山勉強しているのが面白いところです。

 今日はこんなところで。皆さん、素敵な一日をお過ごし下さい。私も今日は子供の3歳のお誕生日なので、家族でケーキを食べてお祝いしようと思います。
e0320283_6594796.jpg

[PR]
by kasama-hospital | 2013-08-23 06:59 | 認知症・介護

ロコモ体操の練習中

今日の朝8時過ぎに病院を訪れた患者さんは、自動ドアが開くと同時に目の前に繰り広げられる異様な風景に、さぞびっくりされたことでしょう…。

なんたってこれですから…。
e0320283_23462324.jpg


中の風景を見た瞬間に、無表情のままクルッと踵を返して駐車場に戻られた患者さんがおられて、これって営業妨害ではないかと思いました。

実はこれ、ロコモ体操の練習風景なのです。
8月31日朝に笠間運動公園で行われる巡回ラジオ体操の後のイベントの一つとして予定しています。

 ロコモ体操とは、ロコモティブ・シンドローム(関節や筋肉が十分に使われないことによって引き起こされる骨折や寝た切りなどの望ましくない状態)を予防するための体操です。

 主に年配の方を対象としているので激しいものではなく、パッと見た印象では楽勝に見えるのですが、実際にやってみると、色んな部位の筋肉がプルプル震えて・・・かなり効きます。指導などと言っている場合ではありません。運動不足の私は、自分が毎日やった方がよさそうです。本当に。

 今日は職員の指導練習が目的でしたが、待ち合いホールで行ったので、外来を待っている患者さんにも一緒に参加して頂きました。糖尿病のインスリン導入で入院されている患者のOさんも参加して、

「これ、ホールで毎朝やってるんですか?」

と聞いていました。こんなこと毎朝ホールでやっている訳ではないのですが、介護予防という観点からは、毎朝ホールで皆でロコモ体操をやるというのは案外いいアイディアかもしれません。Oさん、斬新なアイディアをありがとうございます!
[PR]
by kasama-hospital | 2013-08-22 00:18 | 今日の出来事

コウノメソッドがピック病に著効!

 これは著効例と言っていいのではないでしょうか!コウノメソッドを始めて間もない自分ですが、患者さんの状態が非常によくなりあまりにも嬉しいので、ご家族の了承を得てご報告させて頂きます。

 生活習慣病を持つAさんが私の外来に通院されています。よいコントロールを保つためには食事や運動などに気を配る必要がありますが、日頃の生活について話を聞くと、それどころではなく。
どうやら認知症の奥さんがいて、一日中奥さんの陽性症状に振り回されている様子。どこかに連れて行っても、気に入らないことがあると怒って帰ってしまう。お店では自分の気に入った物を値段などお構いなしにボンボンかごの中に入れてしまい、買わないと怒り出す。

 コウノメソッドを本格的に学ぶ前からAさんから奥さんの話は聞いていました。とにかく「Aさんも主治医もこりゃ大変だ…」というのがその時の本音。遠巻きな傍観者ですね。何とかしようと思って聞いていた訳ではないのです。一人で介護負担をしょい込んでいるAさんの心の負担を、せめて話を聞き労を労うことで少しでも軽くできたら…というくらいの気持ち。

 ところがところが。コウノメソッドを学び始めた私は、Aさんの奥さん話を聞くだけでスルーすることが出来なくなってしまいました。この陽性症状の激しさはピック病では…?と思いたち、身を乗り出して奥さんの症状を聞くように。

・アイスを一度に5-6個食べてしまう(甘い物好き)
・テーブルに運んだおかずを、席につくやいなや全部勝手に食べてしまう(自分勝手)
・言うことを聞かないとばかり思っていたが、どうやらAさんの言うことがわかっていな
いみたいだ。(語義失語)
・急に怒り出して、それが過ぎるとケロッとする(スイッチ易怒)
・受診して名前を呼ばれても「私じゃない」と診察室に入ろうとしない(診察拒否)
・昔はお洒落だったのに、身の回りに構わない
・奥さんを置いてどこかに行こうとすると怒るので、どこにでも連れて行くはめに。(シャドーウィング)

ここまで揃えば、ご本人にお会いする前からピック病の診断がついたようなものです。他の病院に通院されている方なので、しゃしゃり出るのも何か…とためらう気持ちもありましたが、振り回されてお疲れのAさんのためという名目で、おそらくピック病だから、一度受診して頂けないかとAさんにお願いしました。

患者さんのかかりつけ医は知っている先生だったので、電話で「どうしても一度ピック病の患者さんが診たいので、一緒に治療させてもらえないでしょうか」とお願いし、了解を得ました。度量の広い先生でよかった。

 本人が嫌がって病院に連れて来られないかもしれないという話で当日はドタキャン覚悟で予約枠を取り、診察室でドキドキしながら待ちました。入ってきたのは案の定Aさんだけ。一応Aさんに診断名と基本的な治療方針を説明。その日はとりあえず陽性症状を抑えて穏やかにしようと言う方針でウィンタミン(4mg)6包分3で処方し、自宅で陽性症状に合わせて量を増減する「家庭天秤法」についても説明しました。またフェルガード100Mもお勧めしておきました。

(失敗談:この時は院外処方であったため、「4mgを6包分3なら8mgを分3でも同じことでしょ」という考えで8mg分3で処方されてしまい、後から処方しなおして頂くというアクシデントあり。院外薬局にも家庭天秤法について説明しておくべきでした。すみません。今はウィンタミンを院内採用しているので大丈夫です。)
説明を終えた私、どんな形であれ患者さんに接触しなくてはと、待合ホールで座っているAさんの奥さんに声をかけました。不機嫌そうに私の手を振り払い、立ち上がって夫の元へ。その感じの悪さ(ごめんなさい)たるや、これがピック感なのか…とかなり強烈な印象。頭ではわかっていてもこちらの医師としてのコミュニケーション能力に自信がなくなりそうです。

1週間ほどたって、Aさんから話を聞く機会がありました。

「ずいぶん穏やかになって、介護しやすくなりました。」

やった!どうやら朝はいくらかボーっとしているようですが、傾眠という訳でもなく、普通に話は出来るとのこと。再度、効かなければ増量、効き過ぎたら減らして、と説明。

1か月ほど経過した7月下旬、ついに初回に渡したプリントを読んだAさんが

「フェルガードという漢方は、ピック病にずいぶん効くようですね。試してみたい。」

と言ってくれました。(以後Aさんは、フェルガードを漢方漢方と呼んでいます。ちょっと違うけど、まぁいいか。)いよいよ次のステップに進んだか…と嬉しくなりました。

 そして先週のX-dayは、慌ただしくて大変な一日でしたが、同時にとても嬉しい一日になりました。Aさんが奥さんと来院。またしても奥さんは診察室には入ろうとはせず、Aさん一人で診察室へ。フェルガード100Mを開始して2週間での変化を報告してくれました。ちなみにウィンタミンもフェルガードも、全部ヨーグルトに混ぜて食べさせてくれています。

・夜中もテレビや電気をつけっぱなしだったのが、消して寝るように。
・これまでは起こさないと起きなかったのに、自分から起きて階下に降りてくるように。
・集中力が上がったのか、夫がつけたテレビを見られるように。
・介護する夫Aさんに「迷惑かけるね。」「ありがとう。」と言うようになった。

 最後の変化が、私にとっては何よりも大きな変化だと思いました。こんな変化を目の前で見ない訳にはいきませんので、当然待ち合いホールで接触を試みます。白衣の私の姿を見た患者さんは先日と同じように立ち上がりかけましたが、
「今日も診察させてはくれないんですか?」
と声をかけると、
「ごめんね~。」
と笑顔になり、両手で私の手をギュッと握ってくれました。Aさんが畳み掛けるように
「せっかくなんだから、診察していこうよ。」
と言うと、なんと立ち上がり、診察室の方向へ!!顔を見て一言二言でも言葉をかわせればそれでよしと思っていた私には、予想以上の展開でした。その変化ぶりに感動して、そしてせっかく少しだけ築いた人間関係を台無しにするのが怖くて、長谷川式もFTLD検出セットもできなかったヘタレの私です。

 10年間医者をやってきて、ここまで「薬が人間を人間らしくする」という場面に遭遇したことはありません。薬はコワい、薬は危険だ、というイメージは100%間違ったものではないしある意味健全な警戒心なのかもしれませんが、一方でこんな風に劇的に人生を豊かにしてくれる味方にもなりうる(まさしく毒にも薬にもなる)ということを実感する場を頂いたことに、心から感謝しています。

 ピックの‘ハッピーセット’を始めてまだたったの2週間。これからAさんと奥さんの間にどんな素敵な物語が紡ぎだされるのか、ドキドキワクワクしながら見守らせて頂きます。
[PR]
by kasama-hospital | 2013-08-13 05:07 | 認知症・介護

アリとキリギリス

 先日読んだ『抱きしめられたかったあなたへ』(三砂ちづる)という本で心惹かれた箇所。

 ブラジルに住んでいた作者が子供たちに読み聞かせた絵本『アリとキリギリス』。ストーリーは万国共通、かと思いきやブラジルの絵本では趣が少しだけ違う。
 夏の間楽しく歌っていたキリギリスが、冬に食べ物がなくなりアリに助けを求める場面。

『アリ 「私が働いていた時、あなたは何をしていたのよ?」
キリギリス「人生の美しさ、友情と、すべての虫の連帯の美しさを歌っていたの。私の歌は子供たちを幸せにして、恋する若者たちの心を燃え立たせたわ。」
それを聞いたアリは、はっとしてキリギリスへの非礼を詫びました。
「ああ、私は自分のことばかりにかかりきりになっていた。あなたはそうやって皆を喜ばせていたのね…」
アリはキリギリスを温かく迎え入れおいしい食事を振る舞い、冬じゅう2匹は友情の美しさをたたえて、踊り暮らしましたとさ。
人生は美しいこと。そして美しいと感じられる時に楽しむこと。「備えよ常に」で今を楽しまず、明日のことを思い悩むアリは、自分のことしか考えないエゴイストと見なされ尊敬される存在ではないようです。…ここでは最後に変革を経験しているのはアリの方なのです。』

なかなか面白いと思いませんか?私が以前目にしたものでは、アリが冷たくバタンとドアを閉めてキリギリスが野垂れ死にするというストーリーもあったような。そこまで冷血でなくても、軽く嫌味を言って恩着せがましく食べ物を分けてあげるという、ちょっと説教くさいお話だった気がします。ところがブラジル人にかかれば、反省すべきはアリ!?

国民性も色濃く反映されているのでしょう。私たち日本人は、「コツコツと頑張ったり」「今は少し我慢して将来に備えたり」を美徳とする真面目な国民です。今の豊かな日本はそう言った勤勉さの上に成り立っていることは間違いないのですが、それも行き過ぎると、「今貧しかったり困っているのは本人の努力が足りないせい」と切り捨てる冷たさに結び付きそうな気も。一方ブラジルの人たちは、音楽家、歌手、スポーツ選手など「人を喜ばせることができる人たち」への心からの尊敬を惜しまないのだそうです。そういう意味では、夏のキリギリスは十分に豊かな役割を果たしているんですね。目から鱗、思いもしなかった新たな視点を与えられて少し嬉しくなりました。

 実は私、この話を聞いて医学部時代に親しくしていた女友達との関係を思い出したのです。とにかく楽しかった学生時代、そこに大きく貢献してくれた、と言うより私を新しい世界に引っ張って行ってくれたのが、同級生の彼女でした。AMSA(アジア医学生会議)での日本と世界を駆けまわるような活動、プライベートでの数々の旅行(そしていっぱいの喧嘩)は、私にとってかけがえのない経験と素敵な仲間をもたらしてくれました。彼女は人を動かすのがとっても上手で、決して「新しいことを教えてあげる」なんて上から目線な態度は取らないのです。思慮深い作戦なのか天性のものなのか(多分後者)。彼女は「行動してから考えよう」というタイプなので、思いついたアイディアを先に威勢よく打ち上げて周囲を盛り上げ、いよいよ状況が動き出してから「人が足りない~助けて~」と助けを求めてくる。テストも近いしそういうの困るのよね…と思いながらも、本当に困っていそうで断りにくいし、何より張本人の彼女がすごく楽しそうだし…ということでまんまと彼女の思惑にはまり、次から次へと色んな事件(?)に巻き込まれていきました。今になって振り返れば、どれもこれも得難い経験だった。人生を楽しむ才能という意味で、彼女はまさしくキリギリスタイプです。

 学生時代の私は、どちらかと言うとアリタイプでした。ここだけの話、医学の勉強に打ち込みたい!という熱い思いと言うよりも、北口デビュー(うちの大学では、テストに落ちると北口の学生掲示板に番号が張り出されるので初めてテストに落ちることをこう呼びます)したくない!という小心さゆえの行動だったのですが。そんな訳でまあまあ真面目に講義に出てはメモを取ったり、早めにテスト勉強に着手していたのです。
 今思うと、私たちは和解した後のアリとキリギリスみたいな関係だったなぁと思います。彼女は本当にテスト直前に(数日前とか、本当に直前)プリントコピーさせて…と部屋を訪ねてきました。貸すのはいいけどどう考えても時間足りないんじゃ…というくらい切羽詰まったタイミングで。ドアの前に立つ彼女に、国内や海外の学生を前に堂々とスピーチしていた時のまばゆいばかりの輝きはありません。

自分の名誉のために言うと、私は童話のアリのように

「いっぱい時間があったのに、いったい何をしていたの?勉強しなかったの?」

なんて彼女に聞いたことはありません。何かと忙しくて勉強なんてちっともしてなかったのはよくわかっていますから。彼女が日頃、私の学生生活をどれだけ彩豊かなものにしてくれているかを考えれば、テスト前のプリントコピーではお釣りが来るほどです。

色んな気質の人がいてこそうまく回っていくんですよね。みんながキリギリスだったら冬に全員飢え死にしているし、みんながアリだったら随分とつまらない世の中になるでしょう+。互いの特性を生かして助け合っていけばいいよね。今回そんな風に再認識したのです。

 大学卒業に際して、6年間の最高の経験をありがとう、と彼女に言いたかったけれど、何だか照れくさくてうまく言えないままここまで来てしまったので、ここでこっそりと言わせてもらいます。本当にどうもありがとう。感謝の意を示すどころか名誉棄損で訴えられそうですが、これからも、体を張って私に新しい世界を見せて下さい。よろしくお願いします。

写真は家族で訪れた宮古島のもの。宮古ブルーと呼ばれる真っ青な海に心を奪われました。
e0320283_1413451.jpg

[PR]
by kasama-hospital | 2013-08-03 14:14

今日も張り切って診療中


by kasama-hospital

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログジャンル