茨城新聞に掲載して頂きました

 いよいよ冬らしく冷え込む日々が始まりましたね。今が底だと思うと、頑張れそうです。

 昨日の外来では、以前は寝たきりで大声で叫びっぱなしだったLPCの患者さんのご家族に、「びっくりするほどいいんです!表情が全然違う!歩いているんです!」と言われ、朝から幸せな気持ちになりました。

 年明け早々の1月8日、茨城新聞さんが当院のもの忘れ外来の取り組みを取り上げて下さいました。コウノメソッドの紹介に加え、実際に治療を行い改善が見られつつある患者さんの協力を頂きご家族のインタビューも掲載しています。
e0320283_6484987.jpg


 それと共に、『慌ただしい2014年の幕が開けた』という印象です。新聞の威力というのは予想以上に大きく、その反響の大きさに驚いています。掲載からまだたった3日ですが、連日のように予約受付の電話が入り、あっと言う間に予約を待つ方の人数が60人近くまで増えてしまいました。

 思った以上に認知症診療の実情は深刻なのだと言うことを、電話の件数とメッセージが物語っています。一件一件の電話の向こうに、日々の暮らしの中での家族の切実な物語が存在します。新聞をたまたま目にしなかった(見る余裕もない?)潜在的な患者さんも相当数いるのでしょう。予約外来を待っている間にも病状が進行してしまうのではないかと心配されるご家族の不安はもっともで、やむを得ないと傍観していられない緊急事態。

 現状では、予約外来の枠は水曜日の午後のみで、物忘れ外来と禁煙外来がこれに該当します。それ以外の時間には通常の一般外来、内視鏡や超音波といった検査、午後は在宅患者さんの訪問診療や健診、予防接種と予定が詰まっており、プラスアルファで割ける時間がないのが実情です。
 また9月にコウノメソッドをスタートさせたばかりの私の最大のウィークポイントは、初回診療にかける時間がどうしても長めになってしまい、多くの人数を診ることが出来ないということ。初回はこれまでの経緯をお聞きし、長谷川式、各タイプごとのスコアをつけ、頭部CTと血液検査の後に、診断名と治療の説明を行います。キャリアの圧倒的な差があるとは言え、師匠である河野先生の初診平均17分というのは、私にとっては驚異的です。ゆっくりと話をすることでご本人や家族の気持ちを汲むことができるというメリットがある一方で、やはりこれだけ多くの方が待っている現状を考えると、スピードアップは必要です。

 患者さんの全身を診たい、継続的に診たいという総合診療科的な気持ちは今も強く持っており、そこは少々ジレンマではありますが、大きな方向性についてのんびり考えるのは、もう少し後。今は求めて下さる方がいる以上、未熟であっても全力を尽くすのみ。大急ぎで事態を改善させるべく、動きたいと思います。困っていらっしゃる患者さんとご家族の方、必ずご期待に応えますので、ほんの少しお待ち下さい。

 最後に我が家の残念なクリスマスケーキのご紹介。ホイップクリームを全部使い切ろうという浅ましさにより、非常に見苦しい見た目になってしまいました。しかも砂糖が黒糖だったため、クリームがほんのり茶色…。
料理の腕前の改善も今年の課題(むしろ急務?)ですが、キャパシティが狭いのでこちらは残念ながら後回しです。息子よごめん。
e0320283_647211.jpg

[PR]
by kasama-hospital | 2014-01-11 06:49 | 認知症・介護

今日も張り切って診療中


by kasama-hospital

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログジャンル