レビー小体型で2例目の著効例!

今日は訪問診療を行っているレビー小体型の著効例をご報告します。

80歳台の男性。5年前に振戦・夜中の大声の寝言・意識消失があり別の医師によってレビー小体型と診断されています。長谷川式は26点でした。中核薬はずっと入っていません。ドプス・セルシンを使ってめまいで歩けなくなった既往あり。3年前から嗜眠、小刻み歩行、嚥下障害が出現。昨年には長谷川式が10点まで落ち、ドプスからネオドパゾールに変更されています。2回意識障害で総合病院に救急搬送されるも、器質的異常なく「脱水」と診断されていました。

 1年前に私が訪問診療の担当になりましたが、「よく転び、よく寝ている」状態をそのままに診ていた(いや、診ていなかったか)ことを自戒を込めてここに告白します。ただただ前医の処方を継続していたのです。訪問する度に、ベッドの上で猫のように体を丸め、起き上がった姿を見たことがありませんでした。全く動かないので冬は指の先まで冷え切って暗紫色になっていて、まさしく冬眠しているようでした。質問すると目をつぶったまま面倒くさそうに一言二言。

 6月の訪問時にご家族が「段々バカになる。」と言ったとカルテに記載あります。このころ遅ればせながらコウノメソッドによる患者さんの見直しを開始。6月中旬にセルシン2T2×を徐々に減らして中止。これだけで家族が「ずいぶん目が覚めた。」と言った時には、これまでの自分の怠慢を悔やみました。7月中旬にニコリン注射1回目、サアミオンを開始。河野先生に相談の上、ネオドパはレビー小体型に相性が悪いとのことでメネシットを院内採用して切り替え。そして8月中旬にイクセロンパッチ4.5mgを開始しました。

 そしてつい先日の訪問で、嬉しい驚きが。私たちがお邪魔すると、座って待っていてくれている患者さんの姿が。目もしっかり開いて「昔は遊び人だったんだ。今は遊びにも行けないけど。」と言うなど、会話が普通に成り立ちます。歩いてもらうと膝が屈曲ぎみのパーキンソン歩行ですが、足取りはしっかりしていてご家族いわく「転ばなくなった」とのこと。更に嬉しいことに、最近は「相撲を見よう」とテレビをつけるように家族の方に頼んだり、自分から新聞を広げるようになったとのこと。レビー小体型で頭の中に霧がかかった状態から、霧がスーッとはれて集中力が増したのでしょうか。家族の方に「どの薬が一番効きましたか?」と聞くと「貼り薬が始まってから特にだね。今の薬とは相性がいいみたい。」と答えて下さいました。この日もニコリンを打ってきました。

 とにかく丁寧にやるべきことをやるだけですが、こんな風に著効する方がいるとますます頑張ろうと思います。レビー小体型は、治療によって運命が極端に左右されると言われる疾患と言われています。クスリのさじ加減によって、奇跡的な改善を見ることもある一方で、治療を間違えば死の淵まで追いつめられることもあると。この方は良い経過を辿りましたが、治療が間に合わなかったらと思うと…責任の重さを実感しました。

e0320283_4415778.jpg


さてさて、写真は日本内科学会のセルフ・トレーニング問題。内科認定医を更新するためには、一定の単位を取らなくてはいけません。日本全国の勉強会や学会に出て行っても単位は取れるのですが、小さい子がいるためそうそう家をあけられず。家にいて取れるものは家で。久しぶりのマークシート、幅広い科の問題に、国家試験を思い出しました。すっかり忘れていたまれな疾患を復習するよい機会になりました。
[PR]
by kasama-hospital | 2013-09-15 04:42 | 認知症・介護

今日も張り切って診療中


by kasama-hospital

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログジャンル